江南青年会議所とは



江南青年会議所とは

江南青年会議所とは11965年、江南市が産業都市として躍進を続けるなか、「明るい豊かな社会の実現」を理想とし、責任感と情熱をもった青年有志により、全国で312番目の青年会議所として江南青年会議所は創立されました。2012年には一般社団法人格を取得し、(一社)江南青年会議所として新たなスタートを歩み始めました。
私ども会員は「明るい豊かな社会の実現」を共通の理念とし、「修練」「奉仕」「友情」というJCの三信条のもと、よりよい社会づくりをめざし、地域貢献や社会的課題に積極的に取り組んでいます。(一社)江南青年会所は、地域の皆様とともに歩んで今年で48年目を迎えます。今後とも青年会議所活動に暖かいご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

江南青年会議所の特性

青年会議所には、品格ある青年であれば、個人の意志によって入会できますが、20歳から40歳までという年齢制限を設けています。
これは青年会議所が、青年の真摯な情熱を結集し社会貢献することを目的に組織された青年のための団体だからです。
会員は40歳を超えると現役を退かなくてはなりません。この年齢制限は青年会議所最大の特性であり、常に組織を若々しく保ち、果敢な行動力の源泉となっています。
各青年会議所の理事長をはじめ、すべての任期は1年に限られます。会員は1年ごとにさまざまな役職を経験することで、豊富な実践経験を積むことができ、自己修練の成果を個々の活動にフィードバックさせていくことができます。青年会議所におけるさまざまな実践トレーニングを経験した活動分野は幅広く、OBも含め各界で社会に貢献しています。たとえば国会議員をはじめ、知事、市長、地方議員などの人材を輩出、日本のリーダーとして活躍中です。

2016年度 組織図

2016年度 組織図