2020年1月11日 日曜日

朝は理事会構成メンバーと事務局員の小池さんで古知野神社を参拝

2019年は江南青年会議所として大きな担いを無事に全う出来た報告とお礼に。そして、2020年も変わらず全ての会員が健康で過ごせることを祈念してきました。

参拝が終わり、この日のメインはコレ!

江南市の第48回成人の集いですよ。

最近の成人式って、新成人が企画・運営をする自治体が増えてきてるけど、それを江南市は48年前から新成人の自主運営でやってるのってスゴイ事じゃないですか?

では、なぜ江南青年会議所が成人の集いに関係しているのかを疑問に思う人もいますよね。

もともと、江南市の成人式も昭和43年まで行政が開催してたのですが、諸事情により中止となってしまいました。そんな当時、我々の先輩方の「行政が行わないのならば、新成人自らで作り上げる成人式を我々青年会議所がサポートをし開催していこう。」という想いの下で生まれました。

自分自身も、21世紀最初である2001年に第29回成人の集い実行委員長としてJCにお世話になっていました。21世紀最初の成人の集い実行委員長が令和最初の成人の集いをサポートする青年会議所理事長って奇跡★

 

って、前置きが長くなったけど、ここからが本当に読んで欲しいところ。

集合時間の11時近くになるとゾロゾロとメンバーが集まってきますわ。

事務局次長の倉地くん、委員の武市くん、局長の松井くん

インタラクト推進委員会幹事の川原くん

木場くん、バタちゃん、池田特別委員長も

早野くん、横山直前理事長も

山腰委員長もみんな集まるなり、指示も出てないのに資料を見ながら打合せし始めるんですよ。

そんな中、担当を任せたインタラクト推進委員会の眞鍋くんはこんなにヘロヘロになりながら新成人と一緒にこの日も朝から準備を進めてるんですよ。

も~、頑張りすぎ。今年卒業なんだから若いメンバー巻き込んで~。

ちなみに眞鍋くんは学校は違えど同学年で、2012年に僕が拡大委員長を務めている時に入会してくれたメンバーです。ラストイヤーはとうかい号にもメンバー乗船しますよ。

 

集合時間になって、主役である第48回成人の集い実行委員会、江南市役所生涯学習課の方、前年度の第47回成人の集い実行委員会、そしてJCメンバーが集合して気持ちを一つにするわけですヨ。

開会前の実行委員会メンバーは緊張と不安しかないよね。その気持ちは痛い程分かる。JCやるようになってからは事業構築をしたり、人前に出たりする機会が増えて経験値が少しずつ上がっていくけど、二十歳の子にとってみたら人生初で、一生に一度の企画だもんね。

 

JCメンバーは新成人が集まる前に駐車場の導線確保のためにカラーコーン並べたり、誘導看板設置に走り回ってくれる。この時間が現場好きな自分にとって一番苦痛な時間なんですよ。だって、メンバーと一緒に走りまわって仕込みしたいから。でも、ここからガマンの時間。日の目を見ない所で新成人のために動いてくれるメンバーを信じます。

 

いよいよ式典が始まり、来賓として参会。

実行委員長の三輪くんが挨拶をし、澤田市長、稲山市議会議長、江崎衆議院議員、村瀬県議会議員来賓として祝辞を述べられ粛々と会が進行されていきます。

第48回成人の集い実行委員長 三輪くん

そんな中、すでに会場の復旧作業が始まります。

第47回実行委員会の子も島倉くんも、

松井事務局長、倉地くん、溝口くん、武市くん、鷲見くん。みんな誰かに言われてからじゃなく、互いに声掛け合ってやってくれてたみたい。ホントありがとう!

式典が終わって来賓としての拘束がなくなったので、朝からヘロヘロになって動き回ってた眞鍋くんの様子を見るために探してたら見つけました。「大丈夫?休憩しながらやってよ。」って言ったら、疲れているはずなのにこんなにいい顔してるんすよ。

エンジョイしすぎでしょ!っていう位のいい顔で悔しかったけど。

 

第48回成人の集い実行委員会の子たちが7月から企業協賛を集めながら、全ての企画運営を行ってきたこの会も終焉を迎え、実行委員会の子たち全員が舞台に登壇。色んな思いがあり感極まって涙を流しながら登壇する子も何人かいて、19年前の思い出が少しばかり蘇ったかな。例年は裏で撤収作業や、アトラクション終了後に行われる学校別集合写真の準備のため見ていなかったけど、理事長の役職を預かる今年になって初めてフィナーレ見ることができ写真を撮るのを忘れるくらい感動しちゃいました。

学校別写真撮影が終わったら、生涯学習課、前年度実行委員会、本年度実行委員会、JC全員での記念写真

第48回実行委員会の子たちにとって、また、設営に携わった人にとって最高の一日になったかな?

全てが終わった時のこの顔を見たら分かりますよね。

みんないい顔!

眞鍋くん、準備期間から半年お疲れさま。ありがとう!

実行委員長三輪くんから「思いきり楽しむことができました。最高の一日になりました。」という、サポートしたJCにとっては最高の言葉。

体調が万全でない成人の集い担当委員会の小竹委員長もいい顔してるでしょ。斉藤副理事長からは「理事長、何写真撮ってんの!?」って顔で睨まれてるし。

池田特別委員長には「あっ。理事長また写真撮ってるやん!」って顔でカメラ目線だし。

 

まあ、何はともあれ、メンバーのみんなありがとう!