・はじめに

こんにちは。2020年度組織強靭化委員会 委員の清水庸行と申します。私は2015年に入会し、本年で6年目となります。今回は私が青年会議所の魅力を伝えさせていただきます。

・青年会議所の魅力(1)

1つめの魅力は青年会議所という団体は単年度制という点です。毎年色々な役職が経験できます。(強制ではないので断ることも可能です)入会してすぐは仮配属として青年会議所の活動に参加し見学することから始まります。

2年目は配属された委員会の幹事としてメンバーへの各種連絡や設営、議事録作成などの仕事が与えられます。(雑用ばかりと思われがちですが、スタッフとして設営に関わることはとても大事な経験ができる一年なんです。)

3年目は副委員長として、委員長の右腕として委員長や幹事のサポートする役割を与えられます。主に議案に関わる各種資料の準備や作成。委員会、例会での司会進行です。

4年目は委員長として、自分の委員会を持ち、一年の方向性を決め副委員長、幹事とともにどんな事業をおこなうか話し合い議案を作成し経験豊富なフォロワーと一緒に議論を重ね事業を構築していきます。

5年目以降は執行部として青年会議所の運営をしていくパターンとフォロワーとして委員会を支えるご意見番となるパターンのどちらかになります。

このように毎年様々な役職を経験することでどの業種にも必要となるスキルが体得できます。

・青年会議所の魅力(2)

2つめの魅力は青年会議所のブランドで市民や行政を巻き込んだ大きな事業を構築できるという点です。私のような個人事業主で何か地域イベントを企画し行政を巻き込もうとすると大変な労力を必要としますが、青年会議所というブランドで企画すると行政も協力的に動いてくれます。これは先輩方が今まで築いてきてくれた信頼と実績で、これを利用できるのは大変魅力的だと思います。(委員長職を経験するとこれを一番体感できます)

・青年会議所の魅力(3)

3つめの魅力は人脈が広がるという点です。私は飲食業なので割と多業種の方と知り合う機会が多いのですが、近所の方のみとなりますし、やはり店側とお客様という立場の違いができてしまいます。しかし同じ青年会議所という団体に所属していれば歳が近い全国のメンバーと知り合いになることもできますし、共通の話題も多いのですぐ仲良くなれますよ。