自己紹介

はじめまして。私は2020年度副理事長を務めさせていただいております斉藤麗菜と申します。2011年に入会させていただき、本年で10年目となります。

はじめに

入会してから早10年。入会した頃は若く、子供も小さくて家事、育児、仕事、JCと全てこなせるのか不安しかありませんでした。

JCに入会して一番初めに学んだのは「スケジュール調整」でした。やれない理由を見つけるのではなく、やれる方法を考える事でした。どう調整してきたか。それはスケジューリングの徹底管理と早め早めの行動です。JCのスケジュールは突然決まる事はほとんどなく、年間のスケジュールが決まっている事も多く、ほぼ1ヶ月前には新しいスケジュールも更新されるので仕事とプライベートのスケジュール調整もこなせるようになりました。今となっては、スケジュール管理が習慣になっているので何事もやれる理由を見つけるようになりました。今となっては有り難い習慣です。

 

JCの魅力の一つに、「出会い」があります。全国各地に泣いたり笑ったりできる仲間ができます!第二の青春のような感じです。私は気付きました。人は人でしか磨かれない、摩擦を恐れず本気で向き合う事の大切さ、人が変われば地域や会社(組織)が変わる。多くの出会いが人を変える事に気付かせてもらいました。沢山の仲間に感謝です。

まとめ

JCには学ぶ機会が多く、その一つに「最先端の情報が入る」事です。これってすごくないですか??常に未来を見据え現在(いま)を創る。その為には常に正確で新しい情報が必要となります。地域社会の課題はもちろんの事、経済や環境、国の情勢を知る事で今私たちに何が必要か、今後社業にどう活かしていくのか。ど
う活かしていく事で社業が潤い地域が輝くのかを常に追求し、過去を振り返り検証する事で、どう行動を起こすのか。その行動を起こす事で、10年後の未来を見出すのか。正しい情報と知識を得る事で明るい未来に繋がるのではないか。と日々学んでおります。
この10年多くの仲間と共に、楽しみながら学べる環境がある事に今となっては感謝しております。

それでは

、またお会いできる日まで。See you…